看護師転職についてはどれくらい知っていますか?

MENU

看護師の転職先ってどこがあるの?

看護師転職についてはどれくらい知っていますか?

総合病院・大学病院のような大病院から、地域密着の中小規模の病院、診療所・クリニック、検診機関、介護施設までさまざまです。

 

病院の種類によって看護師に求められる知識・経験・技能・実績が異なります。

 

経営体系は、「公立(国立・県立・市立)」と「民間」に分かれます。

 

公立

看護師も公務員と同じ扱いになります。最先端医療に携われる事が多く、スキルアップに適しています。給与・残業手当、退職金、年金など収入面も充実。

 

民間

病院によって、労働条件や給与に差があります。

看護師求人サイトの探し方

看護師転職サイトを探す時には

  1. 信頼出来る会社が運営している
  2. 全国展開している
  3. 非公開案件が多い
  4. 専任のコンサルタントがしっかりしている

このような事が条件となります。他にもお祝い金が出る所を探すという方法もあります。

 

看護婦の求人のサイトによっては就職したらお祝い金が出るという事です。

 

そんなサイトが本当にあるの?と思うかもしれませんが、実は看護婦の求人じゃなくてもお祝い金がもらえるサイトって結構、存在するんです。

 

なぜ就職しただけでお祝い金がもらえるかというと、簡単にいうと客寄せです。

 

サイトなので会員登録する人が多ければ多いほど、マンモスサイトとなって企業も求人広告を出したくなります。

 

サイトは企業から広告料金をもらって運営しているため、広告を出してくれる企業は多ければ多いほど儲かります。

 

だからお祝い金があるんです。響きがいい言い方をすると、企業からもらった広告料金を会員に還元するという事です。

 

どのくらいお祝い金をもらえるかはサイトによって変わってきます。

 

1万円、2万円などもありますし、5万円ももらえるという場合もあります。

 

どんな勤務体制で就職するかによってお祝い金が変動するところもあります。

 

ただし、ある一定期間内に辞めたらお祝い金はもらえないというところもあります。

 

せっかく看護婦の仕事を探してサイト登録をするならば、お祝い金があるサイトにしたら後でおいしい思いができそうです。


看護師転職は何を重点に置いて働きたいかで条件が変わってきます

看護婦の仕事を探すといっても、勤務時間や待遇はそれぞれです。

 

そのため、自分がなにに重点を置きたいのかというのをはっきりさせなければいけません。

 

例えば、夜勤や日勤に関係なくガッツリ働きたいならば夜勤がある病院を探します。

 

看護婦の給料は一般のサラリーマンよりも高く、さらに夜勤をしたら結構なリッチになれます。

 

看護婦さんって、旦那の扶養になるのではなくて、旦那を扶養にして世帯主を自分にする人も多いそうです。そのぐらい稼げます。

 

また、小さい子どもが自分にはいるから、夜勤はしないで日中だけ働きたいという人もいます。
そうなれば、夜勤がない病院を選べばいいんです。そ

 

れに、病院によっては勤務時間を短縮してくれるところもあります。

 

もし短縮してくれるならば、保育園のお迎えに余裕をもって行けますよね?子どもも、家に帰ればママがいるという安心感が得られます。

 

勤務日数を減らしたいというならば、時間が自由になるパートで看護士という方法もありますし、介護を学びたいならば老人ホームに勤務という方法だってあります。

 

条件を全て飲めるという勤務先はないかもしれませんが、なにに重点をおくかははっきりしとかないと、仕事は長続きしません。それに、求人を検索する時も条件を絞りにくくなります。

まとめ

看護士として働き、今の職場を辞めたくなったらなぜ辞めたいのかという事をじっくり考えるのが転職成功の鍵です。

 

私は、なんでも紙に書いて気持ちを整理させるのが好きです。好きというか、紙に書くと頭でぐちゃぐちゃしていた事がスッキリします。

 

だから、紙に書いてなぜ看護士の転職をしたいのかをまとめるといいです。

 

紙に書く事としては、なぜ辞めたいのか、いつ頃から辞めたいと思ったのか、辞めたいと思ったきっかけ、どんな職場に就職したいのか、なぜその職場がいいのか、就職するまでの生活資金はちゃんと備えてあるか、もし希望の仕事につけなければどうするか…などです。

 

もしこういった事がしっかりと分からなければ、まだ転職する時期は早いと思って下さい。

 

なぜ転職したいのか、新しい職場に求める事はなにかなどがしっかと分からないと、辞めて路頭に迷う事になります。

 

先生と上手くいかないからなどの人間関係で辞めた場合は、新しい職場は今よりもさらに人間関係は複雑になるかもしれません。看護士は女性が多いです。女性が多い職場な、派閥などもできやすいです。

 

だから、人間関係がいい職場なんて滅多にないと思いながら転職した方がいいかもしれません。